ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 春の日に | main | いよいよ☆ゴールデンウィーク >>
2018.04.23 Monday

愛の讃歌@高鍋・野の花館

こんばんは、制作アッキーです^_^!
昨日、劇団goto「愛の讃歌」をお届けするため、宮崎県高鍋町にある「野の花館」に行ってきました。

自然豊かなこの場所は
懐かしい故郷を思い出す
人の温もりに満ちた場所でした。

福岡から車で4時間のロングドライブ!
九州を縦断します。
縦断…というか、目的地までの道は、
平仮名の「し」のように
しっぽがクルリンと曲がります^_^

主宰の香さんは、前日も鹿児島日帰りというから
上から下まで2往復!
九州を駆け巡るエネルギッシュな主宰。
助手席で新鮮トマトを頬張る
トマト好き香氏!
台本確認、作品内容について話しながら
いざ野の花館へ!


天気の良さに窓を開け、走行中にハチがブ〜ンと現れました。
ひぃー!と、車内でもがきながら野の花館到着。
すでに到着しているキャストの木内里美さん。
笑顔で迎えていただき、公演に向けて気合を入れました。

会場では既に催し物が進行中。
お祭りは、リーディングの読み聞かせ、
フォークダンス、屋外はバザー、
お食事の出店等で賑わい、
小さな子どもたちや家族連れ、ご夫婦、
ご友人グループなど沢山!
一皿ずつ丁寧に盛り付けられたお弁当が
本当に美味しくて、つい笑顔になります。

タンバリンツアーの時、宮崎・東京公演でお世話になった
ペテカン、あんてなの本田誠人・泉ファミリーに再会!
そしてお子たちの成長ったら!
会いたい気持ちが、ここでまた結びついたようで
嬉しい時間でした。



本番の舞台は、歴史を重ねた古民家、
漆黒の空間。
着物の二人が舞台に映えました。
素敵です。

ここ、ホールでは味わえない場の感覚があります。
キャスト二人の豊かな表現が、
人物の人生を紐解き、描き出します。
そこに集う人の温かい眼差しに包まれながら、
愛の讃歌をお届けしました。

そして、アッキー初の音操作!
CDデッキの前で舞台とボタンをにらめっこ。
ドキドキ楽しいスリリングな体験、
私の中に新たな視点、感覚が加わりました。
タンバリン大分佐伯でお世話になったるうさん、
宮崎こふく劇場の永山さん、中村さんもご来場!
その他沢山の方々、遠方からも集まっていただき、感謝!有難うございました!
お祭りの最後に、ふるまいの猪鍋を堪能!
「今から帰るの!?」と、笑顔の皆さんに見送っていただきました。




帰り道、高速走行中に再びハチがブーン…!
ひぃーっ!と叫びながら、
静かになった行方不明のハチに
恐怖を感じつつPAに立ち寄り捜索。
いた!
…刺されなくてよかったT_T

「じっとして!」と叫びながら
丸めたポスターで香さんが車外へポーン。
もうぐったりのハチさんに降りていただき、
補充し入れ忘れたガソリンを補充、
お尻がキュッとする緊張が解れ、ようやく安心して、いただいたパンを頬張りながら帰福しました。

あぁ、珍道中のgoto高鍋野の花館ツアー(笑)
あ、香さん今回は運転なし^_^
ボーリングのピンの風景が見えた福岡でポロリ。
「交替する気持ちはあるけど、怖いモーン♪」
承知しておりまーす(笑)

来月は、5/26-27三股町・まちドラ!2018で上演します。
さらに翌週6/1-2は福岡あじびホール!
ますますブラッシュアップしていきますよ!
是非、今後の劇団goto「愛の讃歌」に
ご注目ください!

作品創作・公演制作、皆様との出会いと繋がりを
しっかり味わっていきたいです。


◆愛の讃歌5-6月スケジュール
劇団go to『愛の讃歌』 作・演出 後藤香
出演 後藤香、木内里美(Theちゃぶ台)

(宮崎・三股まちドラ|ミルドラ参加)
■日時
5月26日(土)19時
5月27日(日)16時
■会場
三股町立文化会館
https://bunka.town.mimata.lg.jp/modules/article/index.php?cat_id=36
※チケット情報等の詳細まもなく公開!

(福岡・あじびホール)
■公演日
6月1日(金)16:30/19:30
6月2日(土)11:00/14:00
■会場 あじびホール(福岡市博多区)
※詳細近日発表!
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album